HOME > 事業計画/事業報告



事業計画/事業報告等

大阪府獣医師会では、獣医師の知識と技術向上を目的とし、生涯研修プログラムとして年に数回、講習会をおこなっております。

また学校飼育動物事業、野生鳥獣保護、動物愛護フェスティバルを通じて社会貢献を行っています。

平成26年度事業計画

重点事項

  1. 公益社団法人としての組織運営の徹底
  2. 動物由来感染症対策の推進
  3. 動物愛護管理事業の推進
  4. 災害時の動物救護に関する事業の推進
  5. 学校飼育動物に関する事業の推進
  6. 自然動物に関する事業の推進
  7. 獣医療の基本理念と倫理の確立
  8. 広報・情報活動の強化
  9. 勤務獣医師の待遇改善及び職域の拡充

実施事業

1 公益法人に関連する事業
  1. 日本獣医師会及び各地方獣医師会との連携、関係行政庁等からの情報収集
  2. 各事業のガバナンスの強化
2 獣医公衆衛生及び獣医畜産に関する事業【感染症対策事業】
  1. 公衆衛生向上に関する事業
  2. 狂犬病予防及び動物愛護管理事業の徹底
  3. 自衛防疫及び家畜衛生の向上に関する事業
  4. 飼料安全法及び動物薬事に関する諸施策への協力
  5. 関連諸団体との事業の連携強化
3 狂犬病予防事業【感染症対策事業】
  1. 狂犬病予防注射事業の推進
  2. 狂犬病についての啓発活動
  3. 大阪府狂犬病発生時対応マニュアルに基づく行政との連携・協力
4 飼育動物診療に関する事業【学術普及事業】
  1. 獣医療基本姿勢及び倫理の確立
  2. 診療施設、X線、医薬品取扱い、医療廃棄物処分の適正化指導の推進
  3. 獣医療事故対策の強化
5 獣医学術活動の強化・推進、教育・研究に関する事業【獣医学術事業】
  1. 学会発表・大会への参加の奨励
  2. 卒後教育・講演講習会の充実強化及び情報の提供
  3. 獣医学教育の改善に関する事業
  4. 獣医学に関連する研究についての情報提供
6 動物愛護管理推進事業【動物愛護事業】
  1. 動物愛護思想の普及及び動物の適正な飼育管理の推進
  2. 大阪動物愛護フェスティバルの開催
  3. その他動物愛護管理事業への協力
7 緊急災害時動物救護活動ガイドライン等各種要領等に基づき平常時より災害に備える活動の推進【動物愛護事業】
  1. 犬及び猫の登録(個体識別)事業の推進
  2. 災害時に備える周知活動の推進
8 学校飼育動物の衛生・管理及び情操教育に関する指導の充実【学校飼育動物事業】
  1. 教育委員会、学校との連携の強化
9 野生鳥獣救護事業の推進【動物愛護事業】
  1. 野生鳥獣救護ドクター制度への協力
10 その他獣医事関連事業【学術普及事業】
  • 大阪府立大学の獣医「学士課程」の入学定員20名増とそれに伴う教員増の支援
  • 大阪府立大学獣医学部及び獣医学研究科の設置の支援

平成25年度事業状況報告

1 会員

(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

区  分 H25.4.1 H26.3.31
正 会 員 開業部会 408 21 22 407
衛生

畜産部会
175 11 15 171
教育

研究他部会
118 5 3 120
賛 助 会 員 団体会員 14 0 0 14
合 計 715 37 40 712
2 会議

(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

区  分 開催期日 開催回数
 総会(第67回) H25.5.29 1
 1 理事会 H25.5.7 H25.5.29 H25.12.21 3
    正副会長会 H25.4.13 H25.6.18 H25.7.29 H25.9.5 8
H25.10.10 H25.11.19 H25.12.17 H26.3.11
 2 監事会 H25.4.30 1
 3 選挙管理委員会
 4 総務委員会 H25.5.9 1
 5 会報委員会 H25.7.9 H25.11.13 2
 6 動物愛護フェスティバル委員会 H25.6.11 H25.7.2 H25.8.27 H25.10.8 6
H25.11.9 H26.2.18 H25.8.27
 7 IT委員会 H25.8.23 H25.12.10 2
 8 学校飼育動物委員会 H25.8.21 H26.2.8 2
 9 災害時における動物救護等対策委員会 H25.5.14 H25.8.7 H25.10.15 H26.1.29 5
H26.2.5
 10 公益認定法人検討委員会
 11 開業部会委員会 H25.5.8 H25.6.4 H25.6.29 H25.7.16 6
H25.10.1 H25.12.3
 12 衛生・畜産部会委員会 H25.7.25 1
 13 教育・研究他部会委員会 H25.11.14 1
 14 中村賞選考委員会 H25.4.13 1

(概要)

(1) 総会

第67回通常総会  平成25年5月29日(水) ホテルプリムローズ大阪
第 1号議案  公益社団法人移行認定申請に関する件
第 2号議案  平成24年度収支予算補正の承認の件
第 3号議案  平成24年度事業報告の件
第 4号議案  平成24年度決算の件
第 5号議案  平成25年度事業計画の件
第 6号議案  平成25年度会費額並びに収入方法の件
第 7号議案  平成25年度収支予算の件
第 8号議案  平成25年度借入金最高限度額の設定の件
第 9号議案  顧問委嘱の承認の件
第10号議案 役員の信任について


(2)理事会及び監事会

  【平成25年度第1回理事会】 平成25年5月7日(火)
第1号議案 第2回理事会の議事録署名人について
第2号議案 第67回通常総会の提出議案の件
第3号議案 第67回通常総会の運営の件
第4号議案 平成25年度表彰者の件


  【平成25年度第2回理事会】 平成25年5月29日(水)
第1号議案 第67回通常総会の提出議案の件(議案書の訂正箇所について)
第2号議案 第67回通常総会の運営の件(確認事項)


  【平成25年度第3回理事会】 平成25年12月21日(土)
第1号議案 狂犬病予防注射済の犬門標の意匠の変更について
第2号議案 公益移行申請書類の補正・修正について
第3号議案 社団法人大阪府獣医師会旅費規程の改正について
第4号議案 社団法人大阪府獣医師会職員服務規程の改正について


  【平成25年度第1回監事会】  平成25年4月30日
平成24年度会計と業務執行の監査


3 事業(平成25年4月1日~平成26年3月31日)
(1) 講演、講習会 
実施日 平成25年11月30日(土)14:00~16:30
場 所 大阪コミュニケーションアート専門学校
演 題 狂犬病予防対策研修会 ― 台湾での発生を受けて ―
「狂犬病ガイドライン2013」獣医師の役割
講 師 井上 智 先生(国立感染症研究所第二室室長)
「犬の狂犬病臨床診断支援DVDについて」
講 師 佐藤 克 先生(佐藤獣医科・狂犬病臨床研究会)
 

(2) 広報活動事業
  1. 会報の発刊
    会報委員会において編集を進め、平成25年12月10日に大阪府獣医師会会報第64号を発刊し、会員並びに関係先へ配布した。
  2. ホームページの充実
    IT委員会においてホームページの充実を図り、府民への各種事業の啓発や講演会や講習会の開催のお知らせなどリアルタイムで詳細な情報提供を図っている。
    また、会員病院の検索サイトに診療対象動物別、夜間・日曜祝祭日の診療、マイクロチップ装着協力病院を検索できるようにし、飼い主の利便向上を図った。
    公益法人移行に向けて、ホームページのあり方の検討を行っている。


(3) 狂犬病予防事業
平成12年度地方分権推進の一環として狂犬病予防法の犬登録と狂犬病予防注射済票の事務が大阪府から市町村に移譲されたのに伴い、府下市町村と本会とが狂犬病予防注射実施の確認書を交わし、狂犬病予防集合注射が円滑に効率的に実施されるように連携して取り組んでいる。
  • 本会の狂犬病予防注射業務研修を修了した本会会員獣医師275名を集合注射等対応獣医師として委嘱し、確認書に基づき府下各市町村へ推薦した。
  • 本会が予防注射接種事故の適切且つ迅速な対応を行えるよう、狂犬病予防注射事業賠償保険に入り、安全安心な予防注射をめざし、接種率の向上をも図っている。
  • 接種率の向上のため、平成25年狂犬病予防注射啓発ポスターを本会各動物病院へ配布し、周知啓発を依頼した。
  • 市町村の狂犬病予防事業が円滑に進められるように、犬鑑札と注射済票の大量注文による単価削減を図るため、平成23年度から本会とメーカーとで調整し小型化した3種類の犬鑑札と注射済票の購入希望を各市町村に照会した。その結果、府下市町村の殆んどが、平成23年度から新デザインに変える意向が示され、今年度においても継続して取り組み、経費削減と親しみやすい鑑札等による着装率の向上に寄与した。
  • 本会で門標犬シールを「よく目立つ」、「分かり易い」、「親しまれる」を主眼として「大阪府動物の愛護及び管理に関する規則」に沿って作成した。今年度も注射済票の色と同色にし、狂犬病予防注射時に飼い主に配布して、適切な飼育管理の啓発の一助とした。


  • (4) 動物愛護管理推進事業
    [1]大阪動物愛護フェスティバル (動物愛護フェスティバル委員会)
    動物の愛護及び管理に関する法律」に基づく動物愛護週間の事業として、本会と大阪市獣医師会が主催し、大阪府、大阪市との共催及び環境省等の後援により動物愛護と正しい飼い方を普及啓発させるために次のとおり実施した。
    ○「大阪動物愛護フェスティバル2013 in 中央公会堂」
    日時 平成25年9月21日(土) 午後1時30分~午後4時
    会場 大阪市中央公会堂大集会場
    内 容 ・長寿動物の表彰〔大阪府・大阪市獣医師会長連名表彰〕
    ・石橋文化幼稚園の動物絵画展示
    ・講演「動物の高齢化問題と高齢動物の介護」
     講師 杉原 真理 先生 (ペットケアステーション大阪)

    ○「大阪動物愛護フェスティバル2013 in 大阪城公園」
    日時 平成25年11月10日(日)午前10時~午後4時
    会場 大阪城公園太陽の広場
    内 容 警察犬・盲導犬の模範演技、アジリティドッグの実演と競技、ワンちゃんしつけ教室、獣医師による動物健康相談、ペットの正しい飼い方寸劇、ペット関連用品の展示即売等を、府下各種団体、企業の協賛のもと実施。
    また、マーチングバンド演奏、チアリーディング、スタンプラリー、模擬店等多彩な催事を実施。
    [2]学校動物飼育への支援 (学校飼育動物委員会)
    平成18年に「学校における望ましい動物飼育のあり方」(日本初等理科教育研究会)が日本獣医師会協力のもとに示されたのに伴い、本会開業部会員170余名が学校飼育動物担当獣医師として大阪府教育委員会と連携し次のような学校動物飼育の支援活動に取り組んでいる。また、平成23年度からは、学校での動物飼育が学習指導要領に明確化されたため、より積極的な取り組みが期待されている。
    【連携内容】
    • 学校飼育動物の飼育方法全般、健康等に関するする無料相談
    • 診察及び治療を廉価で行う。
    • 教育委員会からの依頼により、特別非常勤講師を務める。
    ア 学校動物飼育支援事業「近畿地区意見交換会」へ参加
    と き 平成25年10月26日(土)16:00~18:00
    ところ 大阪市獣医師会ミーティングルーム
    滋賀県、京都府、奈良県、兵庫県、神戸市、大阪府の各獣医師会
    議 題 近畿地区獣医師会での学校飼育動物への取組状況について
    各獣医師会の取り組み状況、滋賀県大津市、高島市、奈良教育大、兵庫県明石市、神戸市、西宮市の状況等を活発に意見交換した。

    イ 学校動物飼育支援対策検討委員会公開型拡大会議とシンポジュウムへの参加
    と き 平成26年2月23日(日)9:30~17:00
    ところ 幕張メッセ(千葉県)
    会 議 日本獣医師会本支援対策委員会委員、地方本支援担当と文科省担当等との意見交換
    シンポジュウム これからの学校教育と動物飼育 (文科省調査官)
    適切な学校動物飼育活動がもたらす子どもの発達への影響(日獣本支援委員会)
    文科省における動物飼育への取組(文科省教育課程課)
    獣医師会との連携による飼育の充実(大阪府教育委員会)
    学校動物飼育に関する獣医師会の取組(日獣本支援委員会)

    ウ 平成25年度 学校飼育動物研修会
    と き 平成25年10月29日(火) 14:30 ~ 17:00
    ところ 大阪府教育センター別館4階 第8研修室
    主 催 大阪府教育委員会
    内 容 望ましい学校飼育のあり方について」(仮題)
    社団法人 大阪府獣医師会 学校飼育動物委員会
    委 員  清水 かおり 獣医師
    【参加者】
    動物を飼育している公立幼稚園・小・中学校の管理職、市町村教育委員会飼育動物担当指導主事、獣医師等

    エ 「がっこう動物新聞」(壁新聞)を府下全小学校に配布(大阪市を除く)
    学校動物飼育支援活動として、一般社団法人日本小動物獣医師会が製作した壁新聞の第3号第4号第5号6号7号を前年度から引き続き、各市町村教育委員会を通じて府下小学校と支援学校へ配布した。
    また、病院開設会員にも送付して病院で掲出することにより、学校飼育動物が情操教育に有用性があることを広く府民に啓発した。

    オ 学校飼育動物取組み小学校の展示と顕彰
    「大阪動物愛護フェスティバル2013in 大阪城公園」の開催に併せて、特設会場ブースで小学校での取組みの展示と学校飼育動物の有用性とその取組みを広く周知するため小学校を表彰した。
    [3]災害時における動物救護対策 (災害時における動物救護等対策委員会) ア 大規模災害時の連絡体制等の再点検と整備
    東日本大震災の発生を受け、現地の情報の整理や大阪府獣医師会としての支援策等をホームページで会員等に情報提供するとともに、大規模災害に備え連絡体制の再点検と整備を行い、緊急災害時の非常連絡マニュアルを作成した。 また、大阪市中央公会堂での動物愛護フェスティバル開催時に、宮城県の動物シェルターの活動を紹介し、災害時の備えを啓発した。


    (5) 行政等連携協力事業等
    [1]野生鳥獣救護事業

    大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課の野生動物の救護事業に協力するとともに、大阪府野生鳥獣救護ドクター(「救護医」)制度に基づき、平成25年度野生鳥獣救護ドクターとして59名(特定救護医8名含む)の指定を受け当該事業を次表のとおり実施した。

    (参考)平成25年度野生鳥獣救護ドクター救護実績(大阪府獣医師会調)

    (平成26年3月31日現在)

      持ち込み数 放鳥獣 死亡 その他
    鳥類 389 184 171 29
    獣類 15 5 15 0
    合計 404 189 186 29
    [2]

    「大阪府動物愛護推進協議会(動管法に基づく機関)」に大阪府より会長と開業部会長が委員として委嘱され、会長が委員長を務めている。

    [3]

    「大阪府動物愛護推進協議会」の専門部会として設置された、「大阪府災害時等動物救護マニュアル策定検討部会」に本会2名が就いている。

    [4]

    「大阪府動物愛護推進員」に50名が大阪府よりに委嘱され、動物の適正飼養の普及や動物愛護精神の高揚に協力している。

    [5]

    「大阪府動物由来感染症対策審議会」(大阪府健康医療部保健医療室地域保健感染症課・大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課共管)の委員に本会会長が委嘱され協力している。

    [6]

    「大阪府アライグマ被害対策検討委員会」(大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課主管)の委員に本会会長が委嘱され協力している。

    [7]

    「大阪府動物愛護管理センター(仮称)」(大阪府が平成28年の開設を目途に羽曳野市において整備を進める動物愛護拠点施設)について、動物愛護の視点から検討及び配慮していただきたい点を要望した。

    [8]

    吹田・四条畷・富田林・岸和田の大阪府保健所管内会場において犬の適正飼養講習会(しつけ方や健康管理及び犬の正しい飼い方)が本会地区担当獣医師の協力のもとに開催され多数の参加者があった。

    [9]

    大阪府の処分犬・猫等の慰霊祭に出席し献花した。



    (6) 学術奨励事業
    [1]会長賞、中村賞の授与
    正会員及び準会員で本会の運営発展に功績が顕著であった者に会長賞を授与した。(12名)
    正会員及び準会員で獣医学術の向上に寄与した研究又は獣医技術の普及に著しく貢献のあった者並びに将来の発展が期待できる者及び獣医学を通じて社会に貢献しその功績が他の模範となる者に中村賞を授与した。(4名)

    [2]奨励助成費の贈呈
    研究発表を奨励するため、平成25年度獣医学術近畿地区学会で優秀研究者褒章を受章した者2名、奨励研究者褒賞を受賞した者4名等に奨励助成費を贈呈した。


    (7) 近畿地区連合獣医師大会及び獣医学術近畿地区学会への参加
    第91回近畿地区連合獣医師大会及び平成25年度獣医学術近畿地区学会が平成25年9月1日(日)大阪府立大学中百舌鳥キャンパスで開催され、当会から92名が参加した。


    (8) 公益認定法人に関する事業 (公益認定法人検討委員会)
    本会が公益法人改革関連法令に基づく公益法人移行認定を受けるため、公益事業を策定し指導監督課の動物愛護畜産課の指導のもとに平成25年3月7日に申請した。大阪府法務課及び動物愛護畜産課と事務調整及び申請書の補正修正をおこない、同年12月9日付けで大阪府公益等認定委員会への諮問がなされた。同認定委員会は平成26年2月21日、3月14日の2回に及び委員から意見が出され、申請書の補正修正の結果、同年3月14日付けで公益が相当であると知事に答申がだされた。これをうけて、申請書の事務的最終補正修正作業をおこない同年3月25日付けで大阪府知事から公益移行の認定書が交付された。平成26年4月1日付けで名称変更による法人の設立と解散登記がなされるよう、同年3月27日に大阪法務局に事前一時預かり申請をし、申請書審査等の結果同年3月31日に、同年4月1日付け登記が4月10日に完了する旨が確定しました。


    (9) その他の事業
    [1]畜共催指定獣医師の推薦、承諾
    ・家畜共済指定獣医師(茨城県)1名

    [2]表彰等受賞者
    平成25年9月1日 第91回近畿地区連合獣医師大会
    ・日本獣医師会会長感謝状 本会員1名
    ・近畿地区連合獣医師会会長表彰状  本会員4名

    敬弔
    平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に拝受いたしました訃報は次のとおりです。
    ここに深く哀悼の意を表し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
    区分 部会 拝受数
    会員 開業 3
    衛生・畜産
    教育・研究他
    会員の家族等 開業 5
    衛生・畜産 3
    教育・研究他

    役員
    会 長松林 驍之介
    副会長 木下 久則 加藤 敦 澤田 勉
    理 事岩﨑 圭里 尾芝 仁 織 順一 佐伯 潤
    佐藤 昭司 武部 秀太郎 山村 恵 横井 正和
    榎 優子

    (順不同・敬称略・平成26.3末現在)

    過去の事業計画(バックナンバー)

    H22年度事業計画等

    H23年度事業計画等

    H25年度事業計画等

ページトップへ


サイトマップ