HOME > 災害時における動物保護対策



災害時等における動物救護対策

平成20年2月に災害時における動物救護等対策委員会が発足し、災害時等における動物救護活動や動物が関係する感染症対策について検討を行っています。

災害時等における動物救護対策

大阪府獣医師会では、大阪府獣医師会緊急災害時動物救護対策要領や緊急災害時動物救護活動ガイドラインを定め、災害発生時には行政機関や関係諸団体と連携協力し、家庭で飼育されている動物達への救護活動を実施する体制の整備に努めています。

(災害に備えて)
大阪府の災害時等動物救護活動ガイドラインの策定への協力や自治体等が行う避難訓練への協力等を行い、行政機関等との連携強化に努めています。

(災害発生時には)
混乱が予想される災害発生初期には、活動可能な会員動物病院が救護活動を開始します。
その後、9つある支部単位での活動へ移行し、支部内の市町村と協力し、被災動物救護所を設置し、動物達の救護と保護を実施します。
さらに、大阪府獣医師会が立ち上げる救護対策本部は、大阪府と協力して、被災動物救護センターを設置し、関係諸団体やボランティアの協力も得ながら救護活動の範囲を広げていく計画です。

救護活動対策
感染症対策

平成19年に和泉市内の犬の繁殖施設で犬ブルセラ病が集団発生した事件を教訓として、大阪府獣医師会大規模感染症対策要領を制定し、動物が関係する大規模な感染症が発生した際には、行政機関等と協力して様々な活動が実施できるよう体制を整備しています。
また、動物が関係する感染症の情報を収集し、ホームページ等を通じて、感染症に対する正しい知識の発信を行っています。

動物救護活動シェーマ

下記画像をクリックすると拡大図が開きます(PDF)

ページトップへ


サイトマップ